商品フィルター 商品フィルター

ウォッカ VODKAウォッカ VODKA

知られざるウォッカの秘密

●ウォッカの発祥地の謎
現在、ウォッカの発祥の地はポーランドの発祥説と、ロシアの発祥説で二分している。
多くの文献書物の中でもパフリョプキン(1923-2000年)の『ウォッカの歴史』では、1450-1470年の間にロシアで蒸留技術が開発され、その当時ロシア語で穀物ワインと言う別名で飲まれていたとされている。そしてウォッカと言う名称については、その後ポーランドでGorzalka に名づけられたとされている。ただ、両国の間で1982年に国際調停裁判で争われ、ポーランドで16世紀半以前に造られたと言う証明がされていないと言う事で「ウォッカはロシアが発祥地」と結論づけられている。

●スミノフがロシア産でない理由
世界でもっとも飲まれているウォッカと言えば、「スミノフ」である。
1860年にロシアで創立者スミルノフは少人数からスタートし、ロシアで最盛期に年間1億本も飲まれるほどの製品へと拡販し、会社を成長させた。1896年にはラベルにロシア国家勲章を冠する事を許され、世界の名だたるコンクールにおいて数々の金メダル獲得している。しかし、1917年に社会主義革命成立後、スミルノフの財産は全て没収され、会社も国有化されてしまった。その後、米国や欧州でロシアの良質なウォッカを凌駕するウォッカが現れることはなかっが、米国のヒューブライン社が、スミルノフ“P.A.Smirnov”の名前を使用しないことを条件に、“f”が2つついた“Smirnoff”を製造する事に成功し、名実ともに世界で一番飲まれているナンバーワンのウォッカへと発展させた。

●知られていないウォッカ製法のいろいろ
ウォッカと言うと、よくジャガイモで造られていると言う先入観が根強くあるが、現在のロシアウォッカの主原料は、ほとんどが「小麦」、まれに「ライ麦」などを使用して造られていて、イモ類の原料はほとんど使用されていない。また、醗酵させた原料を連続式蒸留器で精留し、国家規格で定める等級の最上級(リュクス)のアルコール96% のスピリッツ条件を満たした物を使って造っているが、本来、ウォッカの味を決定づけているのは、アルコールを40 度前後に加水する時に使用するその土地の源泉水と、加水後に行われる添加物と、濾過の方法が大きいと言われている。いわゆるロシアで言うプレミアムウォッカと称されているのは、濾過の過程で活性炭や砂、銀、その他の素材を使って丹念に濾過を繰り返し手間をかけて造られた、ピュアで雑味のない高級ウォッカになる。

 

  • ロシア ウォッカ
  • ヴェンゴー ウォッカ

 

1,782  (税込) (税抜 1,650 )
1,758  (税込) (税抜 1,628 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
4,622  (税込) (税抜 4,280 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
4,622  (税込) (税抜 4,280 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
3,488  (税込) (税抜 3,230 )
1,283  (税込) (税抜 1,188 )
1,758  (税込) (税抜 1,628 )
1,925  (税込) (税抜 1,782 )
1,925  (税込) (税抜 1,782 )
1,663  (税込) (税抜 1,540 )
1,473  (税込) (税抜 1,364 )

 Check items
  チェックした商品