シングルカスク 駒ヶ岳 津貫エイジング + 「ウイスキーライジング」

111328
ブランド: 
 
17,950  (税込)
(税抜 16,620 )
saketry
10 日
必要ポイント数: 16620 ポイント
獲得ポイント: 166 ポイント
111328
在庫切れ

"シングルカスク 駒ヶ岳 津貫エイジング + 「ウイスキーライジング」" の最低購入数は 1 です.

説明

Single Cask Komagatake Tsunuki Aging 60%
シングルカスク駒ケ岳 ノンピーテッド 津貫熟成

2015年にマルス信州蒸溜所で蒸留したスピリッツを、鹿児島の津貫蒸溜所の石蔵へ運び、ファースト・フィルのバーボンで熟成した後、瓶詰めしたものである。
津貫は信州にくらべ、年間平均気温は約8℃高く、3年半とは思えないほどの熟成感があるすばらしいウイスキーに仕上がった。
使用された麦芽はノンピーテッドで、ミドルカットも若干短く、よりクリーンなフレーバーとなっている。

ステファン・ヴァン・エイケン著の『ウイスキー・ライジング』日本語版の出版を記念し、月岡芳年の『新形三十六怪撰』の版画を使ったゴースト・シリーズの1つとしてリリースする。

 

ウイスキー・ライジング
ジャパニーズ・ウイスキーと蒸留所ガイド決定版

著/ヴァン・エイケンステファン
訳/山岡秀雄
訳/住吉祐一郎


ジャパニーズ・ウイスキーの全てを解説
ジャパニーズ・ウイスキーは、今や世界の注目を浴びています。世界の品評会で毎年のように最高賞を受賞しています。ここ10年で、海外輸出額は、10倍にもなっており、国内でも限定ボトルが発売されれば、奪い合うような状況になっています。作者、ステファン・ヴァン・エイケンは、2000年に日本に移住して以来、ジャパニーズ・ウイスキーの調査をつづけ、Nonjattaなどのサイトで、ジャパニーズ・ウイスキーに関する情報を発信しつづけています。作者の調査、研究の集大成として、2016年に『Whisky Risng』がアメリカで出版されました。これはそれを、大幅にアップデートした、日本版です、いままでほとんど書かれていなかった、ジャパニーズ・ウイスキーの歴史が詳細に記述されています。また、近年、創設がつづくクラフト蒸溜所を含む、日本の全蒸溜所に関するデータも掲載しています。そのほかにも、今まで発売された伝説的なボトルの解説や、ジャパニーズ・ウイスキーが飲めるバーなども掲載されています。

編集者からのおすすめ情報
英語版と比較して、ここ2年で、創設された嘉之助蒸溜所、長濱蒸溜所、桜尾蒸溜所などの解説が追加されています。また他の蒸溜所も最新情報も掲載されています。「33の記憶に残るウイスキー」という章では、山崎50年を始め、軽井沢、羽生などのマニア垂涎のボトルのテイスティングコメントが掲載されています。ウイスキーオークションで高額な値段を付ける人気シリーズのデータも載っています。

 

情報

原産国:
日本
アルコール度数:
60
容量:
700ml

 Related Item
  関連商品

 Check items
  チェックした商品