試して購入!
試して購入!

チェイサーとは何か?ウイスキーを飲むときにチェイサーは必須?

Barに行った時にもよく聞くワード「チェイサー」。ウイスキーなどの蒸留酒と一緒に提供されることも多いですね。チェイサーにはどんな意味があるのでしょう?

ここでは特にウイスキーとチェイサーの関係に注目してチェイサーの意味やそのバリエーションなどを紹介します。

チェイサーの語源

「チェイサー」を英語表記にすると「chaser」で、「追いかける」という意味があります。口に含んだ後に後を追うように飲むことから、この名前で呼ばれるようになりました。

Barなどでアルコール度数の高いカクテルや蒸留酒をオーダーすると一緒にミネラルウォーターが出てくることがあると思います。これがチェイサーですね。強いお酒を飲むと胃が荒れてしまうこともあるので、他の飲み物で中和します。

お水=チェイサーは間違い!?チェイサーの役割

日本ではほとんどの場合チェイサーといえば水の事を指しますが、必ずしも水である必要はありません。場合によっては紅茶だったり牛乳だったりコーヒーだったり、弱いアルコール飲料だったりもします。何がチェイサーにあたるのか、まずはチェイサーの役割を知っておきましょう。一般的なものから意外なものまで、いくつかご紹介します。

肝臓への負担軽減

短い時間で大量のアルコールを摂取すると、肝臓でのアルコール代謝が追い付かず、最悪の場合急性アルコール中毒になる場合があります。チェイサーを飲むことで体内のアルコール濃度を下げ、内臓など体への負担を軽減することができるのです。アルコール代謝をスムーズにするチェイサーとしては水以外にもトマトジュースなどがあります。

脱水症状の防止

アルコールに利尿作用があることや、アルコールを分解する際に水を必要とすることから、お酒を飲むと思った以上に体の水分を失い脱水症状を引き起こします。そのためチェイサーで水分を補給することが重量なのです。

味覚のリセット

ウイスキーを複数テイスティングする際や、別のお酒からウイスキーに移る時、口の中には前に飲んだお酒の香味が残っています。チェイサーの水を口に含むことで味覚をリセットし、香味を捉える感覚を元に戻すことができます。冷えすぎたチェイサーだと感覚が鈍感になってしまうので常温の水をチェイサーにするのがオススメです。

口の中をニュートラルにして次に飲むお酒の香味をとらえやすくすることが目的ですので、必ずしも水である必要はありません。ウイスキー以外のお酒、例えばブランデーなどですとブドウ由来のタンニンと水との相性があまり良くないためアールグレイなどの紅茶の方がリセットするためのチェイサーとして適切という考えもあります。人によっては牛乳をチェイサーとして使ってリセットする方もいらっしゃいますね。

ウイスキーの風味を広げる

ウイスキーに数滴水を加えるとよりウイスキーの香りが広がることがあります。それと同様に、ウイスキーを飲んだ後にチェイサーの水を飲むことによって、香りや風味の広がりを味わうことができる場合もあります。

お酒との相性を楽しむ

お酒とチェイサーの組み合わせを楽しむこともできます。この場合は、水以外の飲料やお酒をチェイサーとして飲むことが一般的です。ウイスキーの場合、牛乳や麦茶なども相性がいいとされています。コーラをチェイサーにしてみるのも口の中でつくるウイスキーコーラのような感じで楽しいかもしれません。またウイスキーのチェイサーとしてビールを選択するのもアリです。ビールのジョッキにウイスキーを入れたショットグラスを沈める飲み方を「ボイラーメーカー」といいますが、それに近いワイルドなチェイサーとなります。

チェイサーを飲むタイミングは?

チェイサーを飲むタイミングにはっきりとした定義はありません。あくまでも目安となりますが次の3つを指標とするとよいでしょう。

1.アルコール度数の高いお酒を飲むとき

ウイスキーなど40度以上のお酒をロックやストレート等、割らずに飲むときは必ずチェイサーがあった方がよいでしょう。Barなどでは何も言わなくてもバーテンダーの方がチェイサーとしてお水を提供してくれることもあります。メインのウイスキーとチェイサーを交互に飲むことで、お酒の味も楽しめて、二日酔い防止にもなります。

2.口をスッキリさせたいとき

お酒そのものに甘味を感じるウイスキーやテキーラ、ラム、日本酒を飲み続けていると口の中をリセットしたくなります。強いお酒をストレートで飲むと喉の渇きを覚えることがあります。脱水症状を起こさないためにも、チェイサーを合間に飲んでお酒の味を楽しみましょう。

3.お酒の味が分からなくなったとき

先述した味覚のリセットと同様に、口の中をニュートラルにして次のウイスキーやお酒に移るときはチェイサーを飲みましょう。チェイサーを飲んでも味がわからない場合は飲み過ぎですので無理せずそこでお酒はストップしましょう。

チェイサーで良いお酒の時間を!

ウイスキーを飲むときはチェイサーを用意するとより美味しく、安心してウイスキーを楽しむことができます。外で飲んだ時に「あんまり水を飲まなかったなぁ」なんて時は帰宅後にもお水を飲むことを忘れないで下さいね。

チェイサーの重要な役割をしっかりと理解して、より一層ウイスキーを楽しみましょう。

To the main pageNext article